頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

湿気と結露

暑いですね。蒸し蒸しします。

湿度が高くなると不快感が増します。汗

一般的に健康によいとされる室温は27?28℃らしいですが、この温度にエアコンを設定してもあまり快適に感じられません。

それは湿度が関係しているからなんですよ。

この室温で湿度が60%以上あれば、湿気が肌にまとわり付くような感じがして快適ではないのです。
逆に湿度が50%以下になれば汗もすぐに乾き、さらさらと快適な印象を受けるのです。
快適に暮らすには、エアコンや除湿器で湿度を50%以下にするように心がけましょう。

この湿気ですが、建物にも非常に害があります。

皆さんもご存知でしょうが、冬場の窓にびっしりと水滴が付いているのが見受けられます。
夏場ですと、冷たい飲み物を入れたコップの廻りにびっしりと水滴が付きます。

これが結露です。かお

結露はどうして起こるのかと言うと、温度によって持てる水蒸気の量が違うんです。

例えば、今の気候みたいに気温30℃で湿度80%あるとします。

それをエアコンで26℃に下げると湿度が100%となり飽和してしまいます。
現実にはエアコンは除湿もしているので部屋の中での結露は見られませんが、怖いのは、壁の中に流れ込んだ)暖かい空気がエアコンで冷やされた部屋の内壁で急激に冷やされる。

これが壁内結露といって、非常に怖い現象です。

雨漏りと同じように、壁の中をぬらし腐朽させてしまいます。

目に見えない所で、建物が蝕まれるのです。

昔の家のように、断熱材のないスカスカの家(直接内壁にエアコンの風を吹きかければ結露の可能性有り)やしっかりとした断熱をした住宅なら心配ありません。

しかし、中途半端な気密や、中途半端な断熱材の施工がなされている家が怖いんです。

元々、夏の気候に合わせた開放的な住宅を建ててきた日本の建築業界は、この気密と断熱に関する知識が疎いように思います。

特に、一番普及率の高い断熱材であるグラスウールにしても、メーカーは販売するだけで工務店・大工さんにきっちりとした施工方法を指導していません。

そのため、只単に壁の中に押し込まれただけの断熱材が非常に多いのです。

情けない話ですがそれが実状なのです。

日本の住宅が、長持ちしないのはこういうところにも原因があるかも知れませんね。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

熱中症には気をつけて

今日は、近畿地方でも35℃を超える地域が出ているようです。え?
そんな中で今日は中浜町の2号地の棟上です。

20.jpg


暑い中、日陰も無い中で大工さんも大変です。
この時期、怖いのは熱中症と言うのがあります。

気温が高温多湿になると、発汗作用がうまく行われなくなって身体の中に熱がたまり
機能障害を起こす病気です。
怖いのは、死に至ることがあるということです。

たまに、ニュースでも流れますが、車の中に乳幼児を放置して死なせてしまう。
これも、熱中症が原因です。

実は、昨日上棟の事前準備に土台敷を行っている時に、
大工さんが一人気分が悪くなり、たまたま自分から休息したので大事には至りませんでした。
木陰で休み、水分補給を充分に行って体調も回復したようです。
無理して、作業を続けていれば大変なことになる所でした。
今日は、元気に仕事をしています。
良かったです。^ω^

職人さんは、仕事が終わればよくビールを飲みます。
暑い所で仕事をして、冷たいビールを飲む。
最高においしいでしょうね。(すみません。私は飲めないので疑問符です。jumee☆whyR)

しかし、アルコールは水分の補給にはなりません。
逆に、脱水症状を引き起こしやすくなります。
飲みすぎれば、危険なんです。
皆さんも、夏の行楽地での飲酒には充分注意してください。sn

地球温暖化のために昔に比べてより気温が高くなっているように思います。
熱中症などの事故も増加傾向にあります。

前にも書いたと思いますが、今年は温室効果ガス削減期間の初年度です。
私たちも、住まいを提供するひとつの企業として、少しでもお手伝い出来ればと考えています。

みんなで住みやすい地球にしましょう!jumee☆faceA80

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

敷地について

先日、わが社の安全大会を開催しました。

全国安全衛生週間にあわせて、建物造りにたずさわる協力業者の方々及び、職人さんなどにこの機会にもう一度意識を高めてもらうという意味で毎年開催しています。

安全大会を開催してから、もう17回・17年にもなるんです。

参加者の数も年々増えて、今年は100人を越える人達に参加を頂きました。
この不況の折に、1日時間を割いて参加して頂いていると思うと本当に有難いことです。
協力業者の皆さん、職方の皆さんどうも有難うございました。手をつなぐ

より安全に心がけて、作業に励んで頂きたいと思います。

先週、兵庫県宝塚市中山桜台で土地を仕入れました。

阪急中山駅北側の閑静な住宅地にあります。

風を感じ、自然を感じることの出来る建物を建築すれば、きっと素敵な生活空間が生まれると思います。

注文建築をお考えで、土地の無いお客様は是非一度ご覧ください。
家→フリーダイヤル0120-711-230
 E-mail: →  http://advance-2.com/otoiawase/

↓中山桜台分譲地からの景色です。

19.jpg


皆さんは注文住宅を建てられるとして、土地を探すのにどのような点にウエイトを置かれますか?

    ・南向きで日当たりの良い土地
    ・駅から徒歩圏内
    ・眺望
    ・利便性(買い物が便利・病院等が近いなど)
    ・庭が造れる
    ・価格
    ・環境
    ・etc

様々な個々の思いがあると思います。

しかし、決して一目ぼれで契約しないでください。びっくり

建物を建てるにはさまざまな法律があります。

その中に用途地区というものがあります。

これは、環境に適した用途の建物を誘致するようにさせた法律です。

工場を主に誘致した工業地域
デパートなどを主とした商業地域
住宅に適した住居専用地域etc.

このように区分けされた地区に適した建物が建てれるように、その用途に合わせた、いろいろな制限があるのです。

たとえば、
第一種住居専用地域
 
これが住宅に最も適した用途です。

建蔽率・容積率も少なく場所によっては建蔽率40%容積率80%という地域もあります。

このような地域では30坪の敷地を買っても延べ床面積が24坪の小さな家しか建てれません。

また、高さの制限もありますので木造住宅では3階にするのも難しいでしょう。

昔、私どもも風致地区という地区で、用途地域よりまだ厳しく建蔽率容積率を制限した地域で数値を誤って苦労した経験があります。

土地は決して衝動買いせずによく調べてから買ってください。

しかし、同じものは2つとありません。

時間をかけすぎればなくなってしまいます。

気に入ったものがあれば、私たちでもかまいませんので利用してください。

一般の方には一生に一度の買い物です。

決して後悔しないようにしてください。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。