頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

分譲予定地

分譲予定地

久しぶりに分譲住宅のための土地を仕入れることが出来ました。

鉢塚分譲地

とても美しい土地ですようわぁ・・・  中央に道路を造って7件の建設予定です。

分譲用地は常時探していたのですが、なかなか仕入れることが出来ませんでした。

と言うのは、リーマンショックなどによる急激な消費の落ち込みのために、不動産価格の下落が急激なため、売り手と買い手のバランスが狂ってしまったのでしょう。

売り手は、今の流通価格の上限で売りたいと考えて値段をつけますが、高めの値段をつけると2・3ヶ月経つともうかけ離れた価格差になってしまっていると言った状態です。

開きが多くなりすぎてしまうと、少しでも高く売ることを考えて多くの不動産業者に販売を委託する。

その委託された不動産業者も、売りたいがためにまた別の不動産業者にお願いする。

そうして、いくつもの不動産業者を経由している間に相場価格と離れていると、売主さんの知らぬ間に勝手に安い値段が付いてしまっている。

売主さんはそんな価格では売りたくないのに、一旦安い値段で流通してしまうと余計に売れなくなってしまいます。

その安い値段が通り値になってしまうのです。

皆さんもほしい商品がどこかで特売をしていた、その商品がそのときその場所での販売業者の思惑があり、赤字での販売という特別な特売であっても、一度その価格を見れば、またどこかでするだろうと思うでしょう。

安く買えればありがたいのですが、実際にはなかなかその値段では買えないのです。

私たちも事業としてやっていますので、赤字で売る訳にもいけません。

最低限の利益確保が出来る価格でないと買うことが出来ません。

そんなわけで、今まで買うことが出来なかったのです。

阪急の宝塚線の池田と石橋の駅の中間ぐらいにある閑静な住宅地です。

これから真ん中に道路を作って、約一ヶ月後に販売を開始したいと思います。

私どもの特色を出した分譲地にしたいと思います。

ご期待ください。羅琉 ニヤリjumee☆excite1a


スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

補助金

補助金

ご無沙汰しております。

少しサボってしまいました。顔文字1(背景黒用)

その間に、衆議院選挙も実施され民主党の圧勝に終わり、いよいよ政権交代です。

新しい日本の首相になる?民主党の鳩山代表は、先日温室化ガスの削減を2020年までに1990年比25%(現政府では15%)の削減を目指すと明言し、産業界から猛反発を受けています。

産業界が言うには、国民の負担が強いられ消費の冷え込みが懸念されるということらしいです。

しかし、今現在では、政府のいろいろなエコに対する補助金制度で消費の活性化が見られています。

電化製品のエコポイントや、エコカー減税・補助金、長期優良住宅の補助金やローン減税、太陽光発電の促進のための補助金等等さまざまな補助金により、私たちの業界でも、かなり動きが出てきているように感じます。ファイト

現実にお金が貰えたらありがたいですもんね。

この補助金はどこから出ているかというと、私たちの税金から出ています。

前に散々やり方が気に入らないと文句を言いましたが、実際に仕事にも結びついているのでありがたい話です。

私は政治家ではありませんので難しいことは判りませんが、今度の政権を執るであろう民主党は、高速道路の無料化などさまざまな方策を提示しておりますが、その財源を心配されています。かお

財源がなくなって、エコに対する補助金もなくしてしまえば冷え込みも予想されるのでしょうが、削減数値を上げたことによって、より多くの予算をエコ事業にまわして貰えればもっと経済も活性化するとおもいます。

税金の無駄な流失をなくして確保するとは言っていますが本当に出来たらありがたいですね。

話が少しそれましたが、われわれ建築業界の補助金と言うのが非常にわかりにくいんです。

耐震補強や、断熱リフォーム、エコ給湯や、太陽光発電、エコウィルと言った省エネ関係、長期優良住宅や高齢者住宅地域によってはUターン・Iターン住宅の補助金まであるみたいです。

私たち自身も一度整理しなければほとんど把握できていません。

実際に質問されても、度したらいくら貰えるのかほとんど解っていないのが実情です。

税金を使うわけですから予算も決まっているため、期間限定とか、先着順とか、お客様に「補助が出ますよ」って営業すれば実際には予算に達してしまっていて締め切っていたり非常に解りにくいのが現実なんです。

もう少し解りやすいようにしてほしいもんです。

補助金に精通している人は、年間300万もの補助金をもらった人もいるようですよ。

不正受給はいけませんが、私たちが納めた税金ですから、正当に貰える物は貰うべきですもんね。

皆さんもよく調べて、貰えるものは貰いましょう。

新築、リフォームをお考えの方は解らない事があればご質問ください。

即答できないことも多いですが、調べてご返答いたします。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。