頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

我が家の施工状況報告

我が家の工事も急ピッチで進んでいます。

私の仕様決定が遅れて足をひっぱているかも知れません。

私がテーマとしている「健康で長く住める家」を目指して家造りをしていますが、

こんな仕事をしていると、素材や材料を中途半端に知ってしまって、

すぐ比較してしまって「こっちのほうが良いな。」って具合にだんだんよい物を選んでしまって、

良い物は当然コストも高くつきますし、その妥協点を見つけるのに大変です。

今現在、もうすでに当初の予算をかなりオーバーしてきています。

(銀行さんお金貸してくれるかしら?)

まず第一に病気にならない家。

使用材料はかなり吟味しています。

オール自然素材とはいきませんが、 工業製品でもVOCの放散しないもの、定着しているものを選んで使用しています。

特に私の場合は、異臭のしないものを選ぶのが大事です。


無垢の床材です。

木目が綺麗なウォールナット材です。

少しコストが高いのが難です。

今回は自然塗料の塗装をしたものをチョイスしました。

エゴマ油が主成分です。

施工している床材の上に出ているグリーン色したものは、 床材が伸縮したときの逃げとなるスペーサーです。

70.png

次に快適性。

家の中では快適に暮らしたいと思いませんか?

夏涼しくて、冬に暖かい家。

室内の空気環境。

このあたりにもこだわりました。


24時間換気システムです。

熱交換型の第1種換気システムです。(給排気機械式)

70%の熱ロスで交換します。

71.png 


耐久性。

最初にコストは掛かりますが、 出来るだけ長期にわたってメンテナンスが必要の無いように考えました。


外部の樋はアルミ製です。

普通の樋は塩ビ製のため劣化が早いためアルミ製の樋を選択しました。

意匠性も考慮しました。

72.png 

意匠性。

当然意匠性も必要です。

長く苦楽を共にする住居ですので、自分自身の好きな意匠でありたいと思います。


コンクリートの打ち放しの外観です。

屋上に上がる階段は1段づつ外壁から突き出ています。

型枠大工さんに嫌がられました。

コンクリートを保護するための撥水処理をしています。

74.png
ほんの一例です。

また報告していきたいと思います。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

我が家の施工報告

サッシの取り付けが終わり、断熱材の施工です。

フェノール樹脂系断熱材を使用しています。

前にも書いたと思いますが、自然素材系の断熱材は熱伝導率が高くて、

どうしても壁厚が厚くなってしまいます。

出来るだけ快適な家を目指して、まず目標としたのが北海道の断熱基準である、

Q値(熱損失係数)1.6W/?K以下を目標としました。

最近Q値1.0W/?Kを切る、超高性能住宅やキューワン(Q1.0)住宅や、

計算上暖房の要らないQ値が0.55W/?K前後の無暖房住宅が建てられて話題に

なっていますが、 どうしても壁の厚みが厚くなってしまいます。

都会ではどうしても厳しい面がありますね。

そして選んだのが、フェノール樹脂系断熱材です。

私の知る限り、市販の断熱材では一番高性能ではないかと思います。

石油系の断熱材だからVOCの問題もありますので、

現物見本を取ったりMSDSを取ったりして問題が無いか検討し、

いやな臭気もなく、TVOCの放散もほとんど無い様なので採用しました。

ちなみに、壁厚はコンクリートの壁の厚みを入れて約280?の壁厚です。

木造ならもっと薄く出来ますよ。



断熱材の施工中の写真です。

シリコン系のボンドで貼り付けています。

接着剤は最もVOCの放散の可能性が高いので、よく検討する必要があります。

66.jpg 




スラブ面(コンクリートの天井面)まで貼りまわしているのは、

コンクリートが冷え込んで結露等の影響が起こる可能性があるところまで貼っています。

67.jpg


Q値は計算で出せますので、一度暇を見て実際の数値を計算してみようと思います。

後は完成してからの住み心地が楽しみです。

結露の多いコンクリート住宅で、どれだけ快適な住宅が出来るのか楽しみです。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

サンタ復活!

12月3日の突風でアドバンスのサンタが大ピンチでしたが、

修理も無事終わり復活しました

ご近所様やお客様にも「サンタ大丈夫?!」等の声をかけて頂き、ご心配お掛けしました。

クリスマスに間に合ってよかった

なにせ、12年のおいぼれ?サンタですので・・・・。

ですが、アドバンスサンタにはもうヒト頑張りしてもらおうと思ってます。

頑張れ??

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

19人がシックスクール後編

昨日でもお話しました、「19人がシックスクール」の子供たちのお話のつづきです。

6月末になって、出来上がって使用している新校舎附近で、配管工事のねじ切り作業が、

原因であると思われる臭気によって、20人の児童が頭痛や吐き気を訴えました。

しかし、このネジ切油も一般的なもので特に問題視されるものではないため、

直接の原因物質は不明です。

その後も異常を訴える児童は減少せず、7月になってTVOC(総揮発性有機化合物)濃度の測定を実施した。

それにあわせて、文科省の6物質も同時に測定したが、どちらも基準値以下の数値であったため、

原因の特定には至りませんでした。

そのため市では工事の中断を決め、教室の机やいすを古いものに交換したり、ベランダに扇風機を

設置して換気に努めたりしました。

終業式を1週間早めて、夏休み中に4回にわたってベークアウトを実施しました。

窓を閉め切って6時間ストーブをたいた後に、床のワックスを水拭きし、扇風機で強制的に換気します。

その後にTOVCと6物質を含む42物質を測定して、結果を測定しました。

しかし、TVOCが元々の数値の1/3になった以外は問題となるような数値は見つからなかったのです。

市としては今後1ヶ月に1回、TVOCを測定して事態を見守っていくそうです。

このように、行政であってもシックスクール(ハウス)に関する認識が甘く

F☆☆☆☆の製品を使用し、 文科省の基準を満たせば大丈夫と言う過信があったのです。

結局この事故での原因物質は特定できておりません。

また同じような事故が起こる可能性もあるのです。

「疑わしくは使用せず」です。

皆様もコストだけではなく、素材をよく吟味して使用してください。

健康で長く住める家造りを目指して



Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

19人がシックスクール被害

19人がシックスクール被害


先日、建築雑誌を読んでいるとまたこんな記事が載っていました。

岩手県のある小学校で2009年8月から2010年8月末まで、

耐震補強をかねて屋根の全面改修、外壁の塗替え、

教室の内装の全面改修を行ったときにおきたそうです。

2010年の2月になって、二人の児童が異臭に伴う体調不良を訴えました。

市の教育委員会では、当然全ての建材をF☆☆☆☆の製品を使用し、

文部科学省が「学校環境衛生基準」で定める6物質を含んでない製品を使用していました。

市のほうでは、工事中の階段のセンターラインの接着剤が、

教室と工事現場を区画する仮囲からもれたのが原因ではないかと判断して、

同メーカーのより低臭の製品に切り替えて工事を続行。

しかし3月に入って一人の児童がシックスクール症候群と診断。

この児童は、完成したばかりの校舎を使用し教室に入ると頭痛や

めまいがすると訴えていました。

この教室は、教育委員会に引き渡す前に、施工業者からの依頼で環境測定事業者が

測定を実施いましたが、いずれも文部科学省の基準以下でした。

また並行して児童417人の健康被害状況の調査も行いましたが、

特段問題のある状況と認められなかったため、それ以上の原因追求は

行わなかったそうです。

しかし、市のほうも全く放置していた訳ではなく、シックハウスに効果があるといわれる、

EM菌(有用微生物郡)を散布しています。

しかし、トラブルは続きました。

4月になって、今までの児童とは別の児童がシックスクール症候群と診断されました。

5月に入ると、最初にシックスクール症候群と診断された児童が呼吸困難を引き起こしました。

この児童は、シックスクール症候群から化学物質過敏症に症状が進行して、

転校を余儀なくなりました。


?つづきは後日?

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

残念なお知らせ・・・

本日もブログにアップしたアドバンスの名物サンタ

先ほどの突風(宝塚市)で首のところが破れてしまいました!!!!

破れた所から空気が漏れ、しぼんでしまいました

これにはアドバンススタッフ一同ショックです!!まだ、今年は設置して1週間そこそこしかたってないし

クリスマスはまだ先です。

・・・・・ショック・・・・・・・・・・・・・・・・

これからどうするか検討します。

やはり12年もつかっていれば劣化はしかたないのですが、愛着があるのであきらめきれません。

現在、スタッフがサンタ復活にむけて奔走しています。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

今年も元気にメリークリスマス

今年も元気にメリークリスマス


我が社のシンボルのサンタクロースが、今年も元気にやってきました。

皆さんを幸せな気持ちにするためにやってきてから、もう12回目です。

少し歳をとってくたびれて来ましたが、まだまだ元気に頑張っています。

まだ会いに来てくれてない方は、是非会いに来てください。

クリスマスまで、頑張っています。


ちょっと写真写りが悪いかな?


63.jpg

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。