頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

母逝去

1月16日午後6時50分母が亡くなりました。

急死です。

皆と夕食をしてその後、電気を消した真っ暗なキッチンの中で、

冷蔵庫の前で座り込んで前かがみに、眠るように亡くなっていました。

姿が見えなくなって、1時間半ほど経過していました。

救急車で病院に運ばれましたが、そのまま帰らぬ人となりました。

父はその1時間半をとても後悔しています。

「気がついてやれなかった。死なせてしまった。」と………

救急車で病院に運ばれはしましたが、家で亡くなっているために変死扱いになるようです。

24時間以内に掛かりつけのお医者さんに、掛かっていればその医師が判断しても良いのだそうですが、警察に連絡され、母の亡骸は家に戻され、私たちは検死の部屋に入れてもらえず、母は裸にされて、写真を撮られて……

日にちが変わるまでかかりました。

急に家族を無くしてうろたえている家族に向かって、

刑事さんたちは、保険金はいくら入っているとか、何かよくテレビで見るような質問です。

マニュアル通りの質問でしょうが、何か釈然としません。

在宅介護を推奨している中で、このような手間暇が掛かる様なら、やはり税金の無駄遣いではないでしょうか?

運ばれた病院で判断できないのでしょうか?

釈然としないものが残りました。

母には何かと心配ばかり掛けてきました。

それでも自分のことは後回しにして、私たち家族を第一に考えてくれていました。

新居に引越す前に、狭い仮住まいの中で死なせてしまって、最後まで親不孝物だったかも知れません。

思い起こすと涙が出てきます。

人はいつか死にます。

しかし、病気を持っていれば、ある程度の心の準備が出来ます。

予期しない死と言うのは非常に辛いものがあります。

昔人間の頑固な父の落込み様を見ていると、辛くてなりません。

しかしいつまでも悲しんでいると母に叱られます。

高齢の父をサポートして頑張って行きたいと思います。

この場を借りて、御会葬頂きました皆様に厚き御礼申し上げます。

有難うございました。

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

あけましておめでとうございます

皆さん、新年明けましておめでとうございます。

景気の低迷、外交問題、政治の混迷等等であまり明るい話題がないので、 年末には、日本航空のパイロットや客室乗務員のリストラ……

パイロットなんて私たちの子供の頃の憧れの職業で、超エリートですけどね。

暗い話ばかりで本当に元気に「おめでとうございます」と言えないのが現実ですね。

私も正月休みに数人の友人と会いましたが、私たちの年齢になると皆リストラの話や、 子供の就職の話など、何か暗い話ばかりでした。

中には肩叩きにあった時のために、大型免許を取得した者もいました。


暗い話はさておき、我々建築業界では各種の補助金制度のおかげでしょうか、 若干伸びているようです。

住宅関連の補助金も、色々延長されていますので是非ご利用してください。

エコカーや家電のエコポイントなどの補助金が終わり、 関連業界はまた冬の時代に戻ってしまったようです。

私たちも、エコポイントなどの補助金に頼らず、 皆様に喜んで頂ける住宅創りを目指して行きますので これからもご愛顧のほどよろしくお願い致します。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。