FC2ブログ

頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

アレルギーの考え方

”アレルギー”の考え方


先日あるアレルギーを研究されているDOCTORの書かれた書物を読んでいると、こんなことが書かれていました。

「”アレルギー”の人達は、環境の変化、埃や食べ物の汚染、空気の汚さなど、自分に合わない状況、悪い環境を敏感に感じ取り、避けることが出来ます。”アレルギー”と仲良くのんびりと付き合い、”アレルギー”を生活の助けにすることが大切です。」

どういうことかと言うと、例えばお子さんが卵に対する”アレルギー”の診断を受けたとすると、その親御さんは、卵を食べさせないように努力するでしょう。

しかし、それだけではダメなんです。

その家庭で食べていた卵の量が多すぎたのではないかと考える必要があるのです。

そして、家庭の中での卵を食べることを注意しなければならないそうです。

このようにひとつの屋根の下で”アレルギー”患者の発した症状は、そこで暮らす人達全てに対する警告でもあるのです。

私もよく「歩く感知器」とか言われ、「辛そうで可哀想やな。」とか言われますが、私はその異臭を感じるために、それを避けることが出来ますが、本当に可哀想なのは、そんな家を買わされる人達なのです。

全く感じないうちにじわじわと身体を蝕んでいるのです。

そしてそれ以上に怖いのは体質は遺伝します。

お母さんがアレルギー体質であれば、生まれてくる赤ちゃんは間違いなくアレルギー体質なのです。

皆さん、身内の中でアレルギー体質の人が居られれば、「かわいそう」で済まさず、何が原因かよく考えて、出来るだけその原因を遠ざけるようにしましょう。

アレルギー体質の人は、本当に生きた検知器なんですから。


スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

東北地方太平洋沖地震

東北地方太平洋沖地震


恐ろしい光景です。

まるで戦争の跡のようです。

沢山の方がなくなり沢山の方々の所在がわからないままになっています。

被災された方々には心からお見舞い申し上げます。

また命を落とされた皆様のご冥福をお祈りいたします。

津波の恐ろしさをまざまざと見せ付けられました。

木造住宅を軽々と押し流し、瓦礫の山としてしまいました。

鉄骨の建物も壁面は全てさらわれ、骨だけが残っているような状態です。

RC住宅だけがかろうじてその姿を残しています。

建設業に関わる身として只々自然の恐ろしさに閉口してしまうばかりです。

阪神大震災以来、耐震補強が取り上げられ耐震基準もかなり厳しくなりましたが、今回の津波ではひとたまりもありません。

建物は人々を守り安らぎを与える物でなければなりません。

人々の命を奪う凶器となってはならないのです。

これから復興へと向かっていきますが、ハイパー堤防の建設や住宅の立地制限、構造制限などが必要になってくると思います。

私たちに出来ることは、二度と同じ被害を出さないように頑張っていくことが、津波で命を落とされた方に報いることだと思います。


Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

MY HOUSE

MY HOUSE


家具も据付けてリビングと1階の和室廻りは何とか見れる範囲まで片付いてきました。

今まで写真を出すのもNGだったのですが、これくらいなら辛抱して頂けますでしょうか?


ソファーと食卓です。
キッチンの上がまだ散乱しています。
80.jpg 




和室とFIRST LIVINGです。
こちらのほうはほぼ片付いているように見えるでしょう。
実はテーブルの足元に、ダンボール箱がかなり置いてあります。


81.jpg 


ざっとこんな状態です。

前回も書きましたが、今までゆっくりと住み心地を体感できませんでしたが、

最近少し快適さを感じれるようになってきました。

ここ数日、寒の戻りで小雪が舞うような天候ですが、

私のような少し肥満状態の体型ですと暖房を入れなくても充分過ごせます。

さすがに家族は少し寒いようでリビングには暖房を入れていますが、

部屋の暖まりも速く、窓廻りも全く結露の発生もありません。

そろそろ色々なデータ取りを行って行きたいなと思っています。

とりあえず部屋の温度、湿度の管理から初めていこうと思います。












Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

大地震

大地震


またまた日本で大地震が発生しました。

11日の朝礼で2月22日のニュージーランドの地震、そして11日朝のニュースで報道していた、中国の雲南省の自身を題材にした矢先でした。

このブログを書いている現在(3月12日朝)は、まだ詳しい被害状況は確認できていないようですが、いくつかの町が津波で壊滅状態となっているようです。

私の家族も、娘二人が東京に住んでいます。

また、妹夫婦も千葉の方にすんでいます。

関東地方も少なからず被害が発生しているようなので、心配で、11日夕刻に連絡を取ってみましたら、みんな無事のようで安心しました。

晩方になって妹の旦那から連絡が入って、「神奈川のほうに仕事に来ているが、家族と連絡が取れていないんです。」って」連絡が入りました。

自分は、電車が止まり、駅に足止めをくっていて、返れそうにないのと、家族が心配で皆に連絡を取っているけど全く連絡が取れていないようです。

家族の無事を伝えたら安心しているようでした。

皆無事と聞いていたので、全員と思っていたら旦那の確認が取れていないようでした。

旦那には妹と子供たちの無事を伝え、こちらからも連絡を入れてみる旨を伝えて、妹に電話を入れてみたのですが、家庭電話も携帯も全く繋がらなくなっていました。

仕方が無く、メールを入れておいたら、数時間後に確認できたとのメールが帰ってきました。

みんな無事が確認できて、ほっとしたようです。

現状では詳細はわかりませんが、今度の地震は建物の倒壊より津波での被害が大きいようです。

報道を見ていると、木造住宅が多数押し流されているのが報道されていました。

阪神大震災以降耐震基準の強化が計られていますが、このような水害となるとどうなのでしょうか?

防ぎようがあるのでしょうか?

大自然の力は本当に恐ろしいものです。

これ以上被害が広がらないよう祈るだけです。

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

新居引越し2週間

引越しして2週間が経過しました。
 
片付けも何とか、共用部分の格好はついてきました。

しかし、自分の部屋や3階の部屋はまだまだ荷物だらけです。

住設器具の取扱説明も全く読めていません。

何とか生活するにあたっての必需品から、使ってはいますが。

今までばたばたして、家の住み心地を感じる間が無かったのですが、

そういえば、ここ数日急に冷え込んで雪がちらつく日がありましたが、寒くないんです。

さすがに、年寄りや女性は寒いといって暖房をつけましたが、

私は別に暖房を入れなくても充分でした。

コンクリート住宅で悩まされる、結露に至っては全くありません。

本当に快適に暮らせています。


数日前から花粉症の症状も出てきましたが、家の中ではほとんど出ません。

来客があったり、誰かが帰って来るすると目が痒くなって花粉症やったんやと気がつく始末です。

症状が出てもしばらくすれば、落ち着いてきます。

気密性が高いのと24時間換気が聞いているみたいです。

匂いに関してもほとんど問題無しです。

洗面所に既製品の洗面台を使用したために、

締め切っていると若干匂いますが特に問題は無いです。

もう少し片付いたら、内覧ご希望の方にはいつでもと言う訳には行きませんが、 見て頂けるようにしようと思います。

そして一人でも多くの方に、共感して頂けたらと思います。

内覧ご希望の方は是非お問い合わせ下さい。


↓   ↓    ↓    ↓

■□■□■□■□■□■□■□■□
 
株式会社 アドバンス・尾部
TEL:0797-87-6657  free:0120-711-230
FAX:0797-85-0459
URL:http://www.advance-1.com/
mail:info@advance-1.com

営業時間:AM8:00?PM5:00
※日・祝日は休みです
 
■□■□■□■□■□■□■□■□

Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。