FC2ブログ

頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

中山連山トレッキング 帰路

続くと書いてからかなり時間が経ってしまいました。

ごめんなさい。

いよいよ帰路です。

阪急の山本駅を目指して下りることにします。

両側がフェンスに囲まれた尾根づたいを下ります。

117.png 





木々の間から眺望が開けました。

中山五月台の上の方、長尾山トンネルの上あたりを歩いているよです。

118.png 





左下方にはけやきヒルカントリーです。

119.png 




道が狭くなってきました。

けもの道のようです。

この辺りから、昔山火事があったところなのか、木々が低くなっています。

120.png 




何回かアップダウンを繰り返し、山本台の上に出てきています。

この辺りは、山火事の名残りのように、炭化した木々が多々見られます。

私自身もかなりバテバテです。

121.png 



山本台の上まで出てきました。

ここから下ると、阪急の山本駅です。

枯れ木のように見える木々は、山火事の名残りのようです。

もう少しだ。頑張ろう!

122.png 




山本台の上まで来たから、もう下っていくのかと思いきや、 またまたのぼりです。

かなり疲労が来ています。

私の心臓最後まで持つかな? 

123.png




いよいよ最後の難関です。

凄い斜度の崖です。

事前に調べていたので、間違っていないとわかりますが、
下調べがなければ、こんなところ下りようとは思いません。

張ってあるあるロープを伝っております。

(右上に写っているのはカメラのストラップです。ロープではありません。)

124.png 



下りきったとこらからの見上げです。

鉄塔とのアングルで、斜度がわかると思います。

125.png 


最明寺の山門まで下りてきました。

左へ行けば滝があるそうですが、 今日はバテバテでパスすることにしました。

滝はまたの機会に。


126.png 




ここから山本駅までまだ少し距離はありましたが、 何とか無事完走しました。

疲れましたが、気持ちの良い一日でした。

因みに紹介してあった本には、4時間15分と書いてありましたが、 私は約5時間かかりました。

今回は長時間歩くので軽い靴を履いてきましたが、 結構岩場が多くて足の裏が痛くてたまりませんでした。

なめてかかってはいけませんね。

やっぱり、トレッキングシューズを買うことにします。

スポンサーサイト
Category : マイブーム
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

中山連山トレッキング

中山連山トレッキング


奥之院まで歩いて約1か月半が過ぎてしまいました。

毎週は無理でも2週間に1回は歩きたいと思っていましたが、

休日は天気が悪かったり、盆はお袋の初盆だったりで実行できませんでした。

8月27日の日曜日、昨日の集中豪雨が嘘のように晴れ上がり秋晴れのような快晴です。

奥之院を歩いてから、中山の山頂を経由して山本の駅のほうに歩くルートがあることを知り、 次はこのルートに挑戦しようと思っていました。

今日実行しなければ、また三日坊主になってしまいそうなので、気合を入れていざ出陣です。

8時20分中山の駅前の駐車場に車を入れていざ出発です。

今日は矢印の新道の方へ行きます。

左は奥之院への参道です。前回挑戦したルートです。

101.jpg 





少し歩いたところで案内看板です。

案内看板があると私のような初心者には安心です。

102.jpg 



気持ちのいい道です。こんな道ばかりだと楽なのですが。

103.jpg 


またまた分岐点です。

看板あり。助かります。

右のルート山頂展望所へ向かいます。

左のルートは夫婦岩展望所へ向かいます。

前回下ってきたルートです。

104.jpg 


またまた分岐点です。

「ん!看板がない。」

左のルートは上りで山頂のほうに向いています。

まっすぐのルートは下って行っています。

当然左が正解だと思っていけば、 実はこれが大間違い。

すぐに茂みがきつくなり、蜘蛛の巣だらけになってきました。

「違うな」と、思いつつもう少し進むと、 少し下りになり、たぶん直進のルートに合流したんだと思います。

少し焦ったため、写真はありません。



105.jpg 





しばらくすると、沢に出てきました。

昨日の雨で、水嵩もありすがすがしい気分です。

個人的にはこういったところを歩くのは大歓迎です。

106.jpg 






砕石を詰めたダムです。

土木用語で蛇籠(じゃかご)と言います。

水だけ流して土石流や流木を止めるためのダムです。

すごく雄大でした。

107.jpg 




久しぶりに案内看板が出てきました。

ここまでこちらのコースに入って出会った人は一人もいませんでした。

違っていないと思いつつも少し不安だったのでこれで一安心です。

山頂までの案内表示が削り取られているみたいです。

こんな悪戯は勘弁してほしいです。

幸い誰かが、上からマジックで書いてくれていました。

けれど、あと何キロあるのか読み取れませんでした。

108.jpg 








またまた案内標識のない分岐点です。

案内標識のないところは、直進することに決めました。

だんだん開き直ってきたみたいです。
 
109.jpg 





下界が見えました!

少し靄がかかっているのが残念です。

かなり上ってきています。

山頂はもうすぐかな?

110.jpg 






白龍大神天宮塚と書いてあります。

塚というとお墓?

説明があればありがたいんですが?

111.jpg 






先ほどの塚のすぐ上にもう一つ石碑がありました。

こちらには「聖徳太子御修行遺跡天宮塚」 と書かれています。

聖徳太子が修行された場所みたいですね。

112.jpg 







奥之院から山頂までのコースに合流しました。

あと600mだそうです。


113.jpg 







ついに中山最高峰到達です。

標高478m中山駅を出発して約2時間です。

114.jpg 




最高点からはあまり景色はよくありません。

木が生い茂っていて北東の方角が一部抜けている程度です。

115.jpg 






少し休憩して帰りは山本駅に下りる予定です。

次回に続く

Category : マイブーム
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

地蔵盆

地蔵盆ってご存知ですか?

私の住んでいる地域では8月23日~8月25日まで、
地蔵盆を行います。

今年はその幹事役に当たってしまい、私が仕切らなくてはなりません。

一般的に地蔵盆というのは、子供達をお守りしている地蔵さんを、
お祭りする行事で、どちらかといえば、仏事です。
 
私たちの地域では地蔵盆と言っても、
お地蔵さんではなく、「愛宕さん」をお祭りしているのです。

「愛宕さん」というのは、京都の嵯峨愛宕山にある愛宕神社で、
火の守り神だそうです。

長老たちの話では、昔かまどから火災が起こり、数件が延焼したそうです。

それから、お祭りするようになったらしいのです。



こんな社があります。

竹を立てて提灯を掲げます。
 
97_20110901114359.jpg 


お供え物です。

供える物も決まっているそうです。

今回は、長年携わっている方にお願いして揃えていただきました。

98_20110901114359.jpg 


夜は蝋燭に火を灯し、消えるまで火の番をしなければなりません。

約2時間半です。

近所の人も出てきてくれてるので、そんな暇でもないのですが、
蚊が多くてたいへんでした。


99_20110901114359.jpg 


フラッシュをたかずに撮影。

幻想的です。

100.jpg 


長老たちの協力を仰いで無事務めさせて頂きました。

8月25日の朝、片付けてお供え物を分けて無事終了です。

私の初体験でした。













Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。