頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

健康住宅勉強会

このブログを見た頂いている方はすでにご存じでしょうが、私にはシックハウス症候群の症状があります。

医者から「あなたはシックハウス症候群です。」と指摘されたわけではありません。

実際お医者様もまだまだ十分この病気が理解できていないようです。

因みにこの地域では、関西労災病院にシックハウス診療科と言う専門の医療機関があるようです。
関西労災病院シックハウス診療科
http://www.kansaih.rofuku.go.jp/kakuka/kakuka29.html

「おかしいな?」と思われる方は一度受診されたらどうでしょうか?

現在景気が低迷している為、住宅産業もローコスト住宅がよく売れているようです。

このローコスト住宅は安価な新建材を多用しています。

もちろんF☆☆☆☆商品です。

しかし、私がこの住宅を見学に行くと悪臭がして気分が悪くなります。

まだまだ体に悪い化学物質を放出しているのです。

このような住宅を買われて住むことになれば、 健康な方もいつ私のような症状が出てくるかわかりません。

特に小さなお子様は許容量が少ない為、発症が早いかもしれません。

現代社会で喘息やアトピーのお子様が多いのも私たちが住む、 住宅が関係しているかもしれないのです。

健康を害するような家はもはや家ではありません。

このような住宅を増やさないために、 皆様方に少しでも理解して頂けるように、勉強会を開催したいと思います。

私もまだまだ理解できていない部分が沢山ありますので、 勉強会なんておこがましいのですが、 少しでもお役にたてればと思います。

詳しくは弊社ホームページでご覧ください。     →→  「住まいの健康を考える勉強会」 


スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

またまたウィルスの話です

またまたウイルスの話です。

ダニによるウイルスの感染症で5人の方が亡くなりました。

「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」と言うそうです。

血液中の血小板や白血球を減少させ、
発熱や嘔吐などの症状を引き起こすようです。

幸いこのウイルスを媒介するダニは、
野山に生息し動物の血を吸うマダニと言うダニで、
屋内に生息する家ダニとは種類が違い、
このウイルスは媒介しないそうです。
一安心ですね。

しかし、安心ばかりはしてはいられません。
家に生息しているのは大半がヒョウヒダニ(チリダニ)と言って人を刺しませんが、
このヒョウヒダニが増えると、こいつを餌にするツメダニが出てきます。
このツメダニが人を刺すのです。

今のところ、家に住むダニに刺されての大きな感染症は見つかってはいませんが、
痒みは強烈です。

それよりも、家に住むダニの死骸や糞が引き起こすアレルギー症状が大変です。
このダニの死骸や糞を吸い込むことによって、
喘息・鼻炎・皮膚炎などの症状を引き起こします。

このアレルギー症はいったん発症するとなかなか改善されません。
非常につらい症状となります。
アレルギーのもとを完全に除いてしまえば良いのですが、
少しでもあればすぐに反応してしまいます。

日ごろから、アレルゲンであるダニを発生させないよう心がけましょう。

参考にダニの住みやすい状況です。

温度(25~30℃前後)
湿度(60~80%前後)
餌(人のフケ・垢、カビ、食べこぼし等)
住まい(畳、布団、カーペット等)

だそうです。

普段の掃除もそうですが、
こういった環境を出来るだけ排除する住宅創りも大切ですね。




Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

鳥インフルエンザと漆喰

中国 で鳥インフルエンザ(H7N9型)の感染が拡大しています。

4月8日現在で亡くなられた方が7名になりました。

WHOによりますと、「今のところは感染は散発的なものにとどまっており、今後もそうだろう。」と言う事らしいですが、 何せ感染源が空を飛ぶ鳥と言うことで、いきなり日本で発生することになるかもしれません。

2004年には、日本でも大流行して多くの養鶏所の鶏が殺処分されました。

この時は幸い人への感染はなかったように思います。

この時に撒かれていた白い粉を覚えておられるでしょうか?

この時撒かれていた粉が消石灰なのです。

消石灰は強い抗菌・抗ウイルス作用があります。

この消石灰を主成分としているのが漆喰です。

実際に鳥インフルエンザの培養液を漆喰の板に落とすと、30分で99.6%に低減することが実験で確認されています。

また、化学物質も吸収分解する能力を持っているようです。

漆喰は自然の空気清浄器なんです。

価格は少し高めですが、このように優れた材料ですので、是非、皆様に使って頂きたく思います。

皆さん、寝室・リビングにはぜひ漆喰塗の壁をお勧め致します。



Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。