頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

花火大会

福知山の花火大会で大きな事故が起こりました。
 
花火が原因ではなく、露天商の不注意での事故のようです。

たった一人の不注意の為に、花火大会は中止となり、

多くの死傷者が出るような事態となってしまいました。

残念でなりません。

そんなときに少し不謹慎かもしれませんが、

我が家の屋上からの花火観覧です。


8月10日(土)淀川花火大会 (南東方向に見えます)
新しい画像



新しい画像 (1)



新しい画像 (2)





8月14日(土)猪名川(池田市)花火大会 (北北東方向に見えます)

新しい画像 (3)

新しい画像 (4)


新しい画像 (5)




相変わらず、花火の写真はへたくそです。
すみません。

実は、宝塚の花火も北北西の空に見えるのですが観覧するの忘れてました。
だから写真はありません。

8月24日(土)に伊丹市の花火大会があります。
これも見えるかな?

スポンサーサイト
Category : 未分類
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

遮熱

相変わらず暑い日が続きます。

皆さんもお体の具合は如何でしょうか?

さて今回は「遮熱」です。

最近住宅関連でも「遮熱」と言う言葉をよく耳にします。

遮熱ガラス(Low‐eガラス ) や遮熱塗料等、

リフォームの業界でもよく書かれます。

では「遮熱」ってなんでしょう?

読んで字のごとく熱を遮ることです。

熱には三つの伝わり方があります。

皆さんも学生時代に習ったと思いますが、

物体が触れ合うことで伝わる伝導型熱移動、

空気に温度が乗って低い方に移動する対流型熱移動、

赤外線波長(電磁波)による輻射型熱移動の三つです。

もともと地球上の気温も太陽の電磁波によって、

地球上の物質が温められて発生したものです。

宇宙空間には空気がありませんので、対流による熱移動はありません。

また、太陽とは直接接してはいないので伝導もありません。

皆さんはご自宅の室温と外気温を比較したことはありますか?

一度窓を閉め切った状態で、

エアコンも何もかけてない部屋の室温を図ってみてください。

たぶん外気温よりも室温の方が高いはずです。

これは、輻射熱によって外壁面、屋根などが熱せられて温度が上がって、

室内に伝導し室温が上がるのと、

窓から差し込む太陽光により、

室内の床や太陽光が当たる物質の温度を上げることが原因です。

夏場に駐車場に止めた車の室温が60℃になるのも同じことなのです。

この輻射熱を防いであげることが遮熱なのです。

新築・リフォームをお考えの人は、遮熱材料をうまく使用することが大切です。

また、建物の色も大きく影響するようです。

例えば、白色の反射率は70~80%あるのですが、

黒色は4%の反射率しかありません。

それだけ熱を吸収してしまうのです。

新築・リフォームの計画が無い方でも、

太陽光を遮る処置を施すことによって、室温を下げることが出来ます。

窓から入る直射日光を遮るために窓の前に葭簀を建てるなどの工夫や、

南側に植え木を植えて、外壁面に太陽光を直接当てない工夫をしてください。

そうすることによって、外壁面からの輻射熱が抑えられ、室温を下げることが出来ます。

エアコンの効率も上がるでしょう。

一般的な住宅では対流による熱移動は防ぎようがないので、

外気温より低くすることは不可能です。

しかし、体感温度的にはかなり低くなると思います。

一度お試しください。


Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。