FC2ブログ

頑固おやじの独り言 | アドバンスの専務のブログです。日頃は建築部を指揮する立場ですが、家では3人娘に振り回されています。専門分野の建築関係から家のことまで。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 尾部 満 on  | 

勉強会 復習 第3回 伝導型熱移動

皆さんこんにちは。

10月になっても暑い日が続いていましたが、 やっと秋らしい気候になってきました。

すがすがしい気候と、紅葉を満喫しに、 山歩きを再開したいと思っていましたが、 実は私、健康と肥満対策のために、日ごろ歩いていたのですが、 盆休みに張り切って歩きすぎたのか、 歩いているときに、足の裏に少し痛みを感じました。

それでも、頑張って歩いていたんですが、ある日朝起きると踵がすごく痛くて、 まともに足がつけないんです。

慣れてくると徐々に痛みが引いてくるのですが、 またあくる日の朝起きて、立とうとすると踵が痛くてびっこを引くような状態となるんです。

「これはおかしいぞ。」と言うことでインターネットで「踵が痛い」で検索をすると、 「足底筋膜炎」て一発で出てくるではありませんか?
内容を読んでみると全く同じ症状です。

経験書の話では、お医者さんへ行ってもあまり意味がないようなことが書いてたので、 「足底筋膜炎」用のインソールと、サポーターを買って対処しています。

しかし、もう2か月経過しますが一向に良くなりません。

一度発症すると感知するまでに、数カ月から長ければ3年ぐらいかかる人もいるようです。

そんなわけで山歩きはとんでもない話なんです。
せっかくいい季節なのになあ。
残念です。

それでは勉強会の復習です。
今回は伝導型熱移動です。

これは熱を持っている物質に接することでその熱が、 相手側に移っていくことを言います。

ガスコンロで湯を沸かすことを想像してください。

ガスが燃えている熱がやかんに接することでやかんに熱が移動し、 やかんが熱せられます。
熱せられたやかんの熱がやかんの中に入っている水に移動します。
そして湯になるのです。

住居に戻って考えてみましょう。
暖房をかけて室内の温度を25℃にしています。
真冬で外気温が0℃とします。
せっかく温めた熱が外壁に伝わり、外気に逃げていきます。

ではこの伝導型熱移動を防ぐのにはどうすれば良いのでしょうか?
物質には熱を伝えやすい物質と伝えにくい物質があります。
料理を作る鍋が銅製が良いと言われます。
これは銅が他の金属より熱を伝えやすいからです。

参考までに熱伝導率の数値をあげてみます。

熱伝導率の数値 




単位が良くわからないと思いますが、
厚さ1mの板の両端に1℃の温度差がある時、その板の1m2を通して、1秒間に流れる熱量だそうです。

要するに数値が大きくなるほど、熱を伝えやすくするということです。

胴はアルミや鉄に比べて数値が高いので、熱を早く伝える必要のある調理器具などに適し、 逆に快適な温度にコントロールした室温を出来るだけ長く保持したい住宅の部屋は、 熱を伝えにくいグラスウールや硬質ウレタンフォームなどを温度差の大きい外壁面に使用すると効率が良いのです。

実際に断熱材の厚さを厚くしていくと、生活熱だけで過ごすことが出来る、無暖房住宅を造ることも可能だそうです。

しかし、それだけのことをすると壁厚が厚くなったり、コストがかなり上がってきたりします。

費用対効果を考えれば、行政が定める省エネ基準の等級4が一番バランスが良いのではないかと考えます。

新築時によく検討して頂きたいのが窓です。

次世代基準等級4のこのあたりの地域(Ⅳ地域)ですと熱貫流率は約0.35W/㎡・kですが、 窓は、一番最高の樹脂サッシ+Low‐E複層ガラスでカタログ数値2.33W/㎡・k以下となっています。

実際にはもう少し数値的には良いようですが、それでも壁に比べて約6倍熱を伝えてしまうのです。

昔の住宅でアルミサッシに単板ガラスでしたら、6.51W/㎡・kの熱貫流率となります。

この数値を見て頂くだけでも、窓は断熱効率が非常に悪いということが良くわかります。

皆さん「部屋を明るくしたいから窓を大きく」と言われる方が多いですが、 小さい窓を効率的に配置するのが、省エネには理想的なのです。

少し前の住宅などはほとんど、アルミサッシに単板ガラスですので、 リフォームなどでは、今テレビなどでCMされている内付けのプラスチック窓さどを採用されると、 効率よく断熱性能が上がります。

今回は伝導型熱移動とその対策でした

次回は対流型熱移動について復習したいと思います。

スポンサーサイト
Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

勉強会 復習 第2回 輻射型熱移動

本日は台風ですごい風ですね。

みなさまくれぐれもお気をつけくださいね。(^o^)/

消費税いよいよ本決定になりましたね。
私たち個人消費化にとっては懐が非常に厳しくなってきますね。

我々住宅業界も3%の値上げとなりますと、2,000万の住宅を建てると、
60万もの消費税の値上げになります。

大変な出費です。

しかし、年収などによっても違いが出るのですが、
30万の還付金や、ローン減税のアップなどにより、
場合によっては消費税が上がってからの方が、
得になることもあるようです。

そのあたりも、また勉強してご報告させて頂きます。

それでは勉強会の続きです。

前回は「地球の気温は電磁波ど仕業です。」
「熱の伝わり方は3種類ある。」と言うところまででしたね。

では3種類の伝わり方と言うのは何かというと、

「輻射型熱移動・対流型熱移動・伝導型熱移動」

と言われる3つです。

まず第一に、「輻射型熱移動」と言うのは前回御話した、
電磁波により、物体が温められる効果が「輻射型熱移動と呼ばれるものです。」

最近、この物体が温められる効果を利用している商品を良く耳にします。

暖房器などによく、「遠赤外線効果」と言う言葉が使われます。
これが人間の体も含めて、室内の物に作用して温度を上げる効果を利用しているのです。

また、最近日本では災害が非常に多く発生していますが、
防災設備用品の中に、アルミシートが含まれています。

何故アルミシートなのかと言うと、
アルミは物を暖める効果のある電磁波を跳ね返す力が大きいのです。

人間の体も熱を作っています。
熱は赤外線(電磁波)として外部に放出されます。
それをアルミの反射を利用して、体を温める電磁波として人間の体に反しているのです。

この特性を利用すれば、
冬場に室内の壁や天井にアルミホイルを張り巡らせば、この輻射熱を利用することが出来るのです。

また、非常に大きな熱エネルギーを持っている、太陽光を
蓄熱の大きなもの(石などの比重の重いもの)にあてて温め、それを太陽光が当たらなくなってから、
熱源として利用する。と言った方法もあります。

逆に、暑い夏場は部屋の中に太陽光を入れてしまうと、
室内の物が熱を持ってしまって室温がどんどん上昇してしまいます。

そのため、夏場は太陽光を室内に入れないようなことを考える必要があります。

このようにまず、物の原理を知ることで、敵になることもあれば、味方にすることが可能なのです。

続く


Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback

勉強会 復習 第1回 自然を知る

今週は台風が来る予定でしたが、どうやらそれた見たいですね。
明日からの3連休も天気が良さそうでホッします。

今年もいくつかの台風が来ましたが、
自然のエネルギーは恐ろしいほど大きいのです。

こんなに科学が発達しても、
まだ100%防ぐことが出来ないのですから。

台風が過ぎてかなり気温も下がり過ごしやすくなってきました。

しかし、快適な期間はすぐに通り過ぎてまた寒い冬がやってきます。

寒い冬をこの自然のエネルギーを借りてより効率良く快適に暮らしたいものです。

先日の勉強会でもこの自然の力を知って、
私たちが住む住宅に利用しようという話を致しました。

これから少しずつ復習していきたいと思います。

私たちが快適に暮らすためには、ある程度自然に逆らわなければなりません。
そのためには、まず「敵」をよく知ることが大事です。

まず第一に何故夏は暑くて冬は寒いのか、皆さん考えたことがありますか?
それより先に何故、気温があるのか不思議ではありませんか?

化学的に何かを混ぜ合わせたりして熱を生み出しているわけではありません。
自然の力で熱が生まれているのです。
「太陽が物凄い高温で燃えているから。」
その通りです。

ではその熱がどうして私たちが住む地球に届いているのでしょうか?
太陽の熱をそのまま受けているなら、太陽に近づけば近づくほど熱くなるはずです。
しかし山へ登れば気温はどんどん低くなりますね。
だから太陽の熱そのもののエネルギーではないのです。

実は太陽光の中の電磁波(紫外線・可視光線・赤外線等)と云われるものの仕業なのです。

熱の伝わり方には大きく分けて3つの伝わり方があります。
まずこの熱の伝わり方から勉強していきましょう。

話が長くなりますので次回へ続く。


Posted by 尾部 満 on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。